HOME > 利用規約

「サイバーサイネージ」ご利用規約

本規約は、株式会社フェイス(以下「甲」といいます)がソフネットジャパン株式会社(以下「ソフネットジャパン」といいます)から提供を受け、契約者(以下「乙」といいます)に提供するデジタルサイネージ運用システム「CYBER Signage(サイバーサイネージ)」(以下「サイバーサイネージ」といいます)に関する規約事項を規定するものであり、乙がサイバーサイネージを利用する場合、本ご利用規約の定めに従うものとします。

第1条(基本条項)

  • 1.乙がサイバーサイネージの利用申込をする際には、本ご利用規約を承諾し、規定のサイバーサイネージ利用申込書を甲に提出するものとします。
  • 2.甲は、乙の利用申込を承諾する場合、乙へ乙の利用申込を受理した旨の通知をすることにより、サイバーサイネージのライセンス利用の許諾に関する契約が締結されるものとします。なお、乙の利用申込に対して甲の判断により利用申込を拒否することができるものとします。その場合、甲は乙に対し拒否理由の開示義務を負わないものとします。
  • 3.乙は甲に対し、別途定める「サイバーサイネージライセンス利用料」を支払うものとします。 また、将来の経済状況などの変動により予告なく価格改定を実施することがあるものとします。
  • 4.甲が本契約に基づき運用指導を実施する場合には、甲の定める人件費、技術料その他実費を乙が負担するものとします。
  • 5.甲は乙のサイバーサイネージに関する管理・運営状況その他の情報を閲覧することができるものとします。

第2条(利用目的)

  • 1.サイバーサイネージはデジタルサイネージの本来の目的である広告配信や、企業やオフィスなどにおける意思伝達手段として利用されるものとし、営利目的(コンテンツ配信サービス、サイネージ運用サービス、etc)などに利用してはならないものとします。

第3条(サイネージコントロールセンターの利用)

  • 1.甲は甲が受理した乙の利用申込を元に、サイバーサイネージを利用するためのサイバーサイネージコントロールセンター(以下「コントロールセンター」といいます)へのログイン用のID・パスワードを乙に発行するものとします。
  • 2.発行されたID・パスワードは乙の責任において管理するものとし、甲は乙のID・パスワードが正しく管理されないことに起因する一切の責を負わないものとします。
  • 3.プログラム等が乙の責によらずして仕様どおり動作しないときは、甲に速やかに連絡するものとし、当該プログラムが瑕疵やその他甲に起因する要因にて仕様どおり動作しない場合には、甲は速やかに正常に動作するように対処するものとします。

第4条(サイネージ表示端末システムの納入)

  • 1.甲は乙に対しコンテンツ表示用情報端末(以下「プレイヤーPC」といいます)にプレイヤーPC用のライセンスキーを発行し、乙はプレイヤーPCシステムに甲が発行したライセンスキーとプレイヤーPC用ソフトウェアを設定して稼働させるものとします。
  • 3.甲は、プレイヤーPC用ソフトウェアに瑕疵があった場合には、これに対し速やかに当該プレイヤーPC用ソフトウェアを修正するものとします。なお、これに伴い各プレイヤーPCに付帯作業が発生する場合には乙にて当該作業を実施するものとします。

第5条(素材バンクの利用)

  • 1.乙は、コントロールセンター内の「素材バンク」にて有償または無償で提供される素材データを、乙のサイバーサイネージのコンテンツの一部としてダウンロードして利用することができるものとします。
  • 2.「素材バンク」内の素材の著作権は、ソフネットジャパンならびに当該素材提供者またはそれ以外の第三者に帰属します。
  • 3.乙は、権利保有者による当該著作物の利用許諾範囲を適切に理解し、当該著作物の権利を侵害しない範囲で利用するものとします。
  • 4.乙が各素材の権利者の知的財産権等を侵害した場合には、乙が直接責任を負うものとし、甲は一切責任を負わないものとします。

第6条(知的財産権)

  • 1.乙はソフネットジャパンが開発したサイバーサイネージおよびその周辺システムに関する著作権は、ソフネットジャパンに帰属するものであることを確認するものとします。

第7条(データの使用・管理)

  • 1.甲および乙のシステム内に蓄積される、乙の制作したデジタルサイネージ表示用のコンテンツデータならびにそれらを構成する素材データ(以下「コンテンツデータ」といいます)の所有権は乙にあるものとします。但し、これらのコンテンツデータが乙の誤った操作を含め理由の如何を問わず消失・損傷した場合には、甲は賠償の責を負わないものとします。
  • 2.本契約が解除・解約又は期間満了により終了した場合には、甲は甲のサーバー内の乙が制作ならびに登録したコンテンツデータの返却は行わないものとし、甲により適宜消去するものとします。

第8条(システム管理)

  • 1.甲は次の各号の業務を行うものとします。
  • ① 乙がサイバーサイネージを活用していくにあたって円滑な運用を可能にするためのサポート業務全般を、甲が指定する方法により実施します。
  • ② 甲が必要と認めた機能拡張の開発およびバージョンアップを実施します。
    但し、乙独自の要望による機能拡張等についての開発費、および現地作業の発生に係る作業費・交通費・宿泊費・機器配送費その他実費は乙が負担するものとします。
  • ③ サイバーサイネージの運用・操作トラブル対応を実施します。
    但し、状況により現地での作業を行う場合は、作業費・交通費・宿泊費・機器配送費その他実費は乙が負担するものとします。

第9条(清算方法)

  • 1.甲の請求書・請求明細はインターネット画面またはその他の方法にて乙に開示されるものとします。
  • 2.支払方法は甲の請求に基づき乙の口座より自動引落とし、クレジットカード、または毎月月末締め翌月末日までに甲の口座へ振込みにて支払われるものとします。口座振替手数料、振込手数料など乙の支払に関する手数料は乙の負担とします。

第10条(損害金)

  • 1.乙が本契約による金銭債務の履行を怠った場合は、甲に対し遅滞の日から年14.6%の割合による損害金を付して支払うものとします。

第11条(免責)

  • 1.甲は原因や理由の如何を問わず、乙に対して売上補償ならびに利益補償などを含めたいかなる損害賠償の責をも負わないものとします。

第12条(信用保持)

  • 1.乙は「ソフネット」「ソフネットジャパン株式会社」および「CYBER Signage(サイバーサイネージ)」の名誉、信用を傷つける行為をしてはならないものとします。

第13条(機密の保持)

  • 1.乙は、業務遂行にあたって知り得た甲の営業上、技術上の機密情報を、本契約期間中はもちろん、本契約終了後といえども第三者に開示または漏洩してはならないものとします。

第14条(禁止事項)

  • 1.乙は、サイバーサイネージの利用にあたり、次の各号に掲げる行為を行ってはならないものとします。
    • ① サイバーサイネージ用のプログラム等の変更、リバースエンジニアリング、改ざん、移植、複製をすること。
    • ② サイバーサイネージ用のプログラム等の化体した物、関連資料、マニュアル等の複製、または占有の移転。
    • ③ サイバーサイネージシステムに関わるソフトウェアを複製することにより、契約ライセンス数を超えたサイネージ端末を運用すること。
    • ④ サイバーサイネージシステムに関わるソフトウェアに、外部のアプリケーションソフトなどを付加したり、その他物理的な手段や、通信・画面複製・転送などの二次的な方法により契約ライセンス数を超えたサイネージ表示端末を運用すること。
    • ⑤ サイバーサイネージプレイヤーPCソフトウェア以外のソフトウェアを付加してサイバーサイネージ端末を運用すること。
    • ⑥ 違法な、または違法性のある音声・画像・言語情報などを登録ならびに配信すること。
    • ⑦ 社会通念上公序良俗に反すると認められる音声・画像・言語情報などを登録ならびに配信すること。

第15条(反社会的勢力の排除)

  • 1.乙は、自らおよび自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれに準ずる者)がこの契約の締結日において、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
    • ① 暴力団
    • ② 暴力団員
    • ③ 暴力団準構成員
    • ④ 暴力団関係企業
    • ⑤ 総会屋等、社会運動標ぼうゴロまたは特殊知能犯暴力集団等
    • ⑥ その他前各号に準ずる者
  • 2.乙は、自らまたは第三者を利用して次の各号の行為を行わないことを確約します。
    • ① 暴力的な要求行為
    • ② 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • ③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    • ④ 風説を流布し、偽計または威力を用いて甲の信用を毀損し、または甲の業務を妨害する行為
    • ⑤ その他前各号に準ずる行為
  • 3.万が一、本条に違反または遵守するに際して反社会的勢力との紛争が生じた場合には、乙は乙の責任にて紛争を解決するものとします。

第16条(譲渡等)

  • 1.乙は、甲の書面による承諾なく、本契約に基づく権利義務を有償無償に関わらず第三者に譲渡、質入れ、その他の処分をすることはできないものとします。

第17条(契約期間)

  • 1.本契約の有効期間は、別途取り決めた利用開始日から2年間とします。 但し、期間満了1ヶ月前までに甲乙いずれからも書面による別段の申し出がない場合は、本契約期間は自動的に2年間更新されるものとし、その後の期間満了時も同様とします。

第18条(契約解除)

  • 1.乙が次の各号の一つに該当した場合、甲は直ちに本契約を解除しサイバーサイネージの利用を停止できるものとします。
    • ① 支払いをしないか、または停止したとき。
    • ② 本契約の条項を履行されないとき。
    • ③ 乙が会社解散、または破産、民事再生、会社更生等の申立を行い又は申し立てを受けたとき。
    • ④ 第14条に違反したとき。
    • ⑤ 第15条の確約に反する事実が判明したとき。
    • ⑥ その他、上記各項目に類する事情が発生したとき。
  • 2.乙は前項各号のいずれかに該当したときは、負担する債務につき期限の利益を失い、即時に債務全額を甲に支払うものとします。
  • 3.本条第1項によらず本契約を解除する場合は、甲または乙が相手方に1ヶ月前までに申し入れるものとします。ただし、利用開始日より3ヶ月以内の解約はできないものとします。
  • 4.契約有効期間内にプレイヤーライセンスの一部の利用を終了する場合は、1ヶ月前までに申し入れるものとします。

第19条(サービスの停止)

  • 1.甲はサイバーサイネージの運営にかかるシステム・設備等の保守・点検・改良もしくは変更を行う場合、または甲のシステム・設備等に障害等が発生した場合、その他甲の業務遂行上必要があると判断した場合にはサイバーサイネージの提供内容の変更、または一時的な利用停止をする場合があるものとします。

第20条(サービスの終了)

  • 1.甲は本ご利用規約に基づくサイバーサイネージ事業の一部または全部を停止または終了することができるものとします。なお、この場合、甲は乙に対して、当該終了予定日より3ヶ月前までに、甲が提供する手段により、通知するものとします。但し、本ご利用規約第21条に定める不可抗力の事由により事業の継続が困難になった場合は、事前の通知・催告等を要しないものとします。

第21条(不可抗力)

  • 1.本契約に基づく義務の不履行または履行の遅滞が天災、戦争、暴動、労働争議または法令その他甲の合理的支配を越える事由により生じた場合には、甲はそれについての責任を免れるものとします。

第22条(プライバシー)

  • 1.乙のサイバーサイネージの利用申込またはコントロールセンターを通じて甲が取得した個人情報については、甲の個人情報保護方針に従って取り扱われるものとします。また、甲は、当該個人情報を、サイバーサイネージを乙へ提供するために必要な範囲で、ソフネットジャパンに対し提供することに、あらかじめ乙は同意するものとします。ソフネットジャパンに提供される個人情報については、ソフネットジャパンの個人情報保護方針に従って取り扱われるものとします。

第23条(規約の変更)

  • 1.甲は、本ご利用規約を乙の承諾を得ることなく変更することができるものとします。
  • 本ご利用規約の変更に際して、変更後の本ご利用規約の内容を甲が適切と認める方法により乙に通知またはWebサイトにて公開するものとし、通知または公開と同時に有効となるものとします。

    乙が本ご利用規約の変更が有効になった以降も異議なくサイバーサイネージを利用した場合には、乙はその時点において変更後の本規約に同意したものとみなされるものとします。

第24条(規約の翻訳文)

  • 1.甲は、本規約を日本語以外の言語に翻訳して提示することがあります。 日本語以外の言語によって記述された利用規約と、日本語によって記述された本規約に齟齬が生じた場合は、日本語によって記述された本規約の記述を有効なものとして優先するものとします。

第25条(準拠法)

  • 1.本規約の解釈・適用は日本国の法律に準拠するものとします。

第26条(管轄裁判所)

  • 1.甲および乙はこの契約に関し甲乙間に生じた紛争については、日本国東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とするものとします。

第27条(協議事項)

  • 1.本契約に関する疑義、または本契約に定めない事項が生じた場合には、甲乙誠意を持って協議の上、円満解決をはかるものとします。